建設業許可、新規建設業許可に関することなら神奈川横浜実績No1の行政書士小出事務所

建設業許可 経営事項審査なら神奈川横浜実績No1の行政書士 小出事務所|わたしたちは、公共工事受注に特化をした経営事項審査 公共工事受注アドバイザーです。

行政書士小出事務所HOME>取扱い業務一覧>建設業許可申請関連>新規建設業許可について



 

新規建設業許可業種追加許可特定建設業許可許可換え決算変更届・各種変更

決算変更届について

建設業許可業者は決算期終了毎に提出することが義務付けられています。決算終了後4ヶ月以内に提出しなくてはなりません。工事経歴と財務諸表が主な内容となります。届出をまとめて 建設業許可更新時にしようとすると不都合が生じますので必ず毎年届け出るようにしましょう。

各種変更について

建設業許可取得後、各種変更が生じたとき、提出しなくてはなりません。資本金、取締役、本店所在地等変更登記をした後に届け出なければなりません。
変更届提出以前に、大事なことがあります。
経営業務の経営管理責任者である取締役を辞任させたら、他に候補がいなくなった、又は、専任技術者を退職させたら他に要件を満たす技術者がいなかった・・・というようなケースにしばしば遭遇します。また、公共工事を受注されている会社の場合には、専任技術者は会社に常駐する義務があるため基本的に現場代理人になれませんので注意しなくてはなりません。
人員に関しての変更は慎重に行わなくてはなりません。許可が失効してしまったり、公共工事が受注出来なくなったりするからです。
 

 

新規建設業許可業種追加許可特定建設業許可許可換え決算変更届・各種変更

 

資料請求はこちらから

会社名

お名前(必須)

ご連絡先TEL(必須)

メールアドレス

ご住所



 

建設業許可新規建設業許可申請関連、経営事項審査なら 神奈川横浜実績No1の行政書士小出事務所
小出事務所へのお問合わせ TEL:045-664-5835 Mail:koide@koide-office.com