建設業許可、経営事項審査、神奈川横浜実績No1の行政書士小出事務所

建設業許可 経営事項審査なら神奈川横浜実績No1の行政書士 小出事務所|わたしたちは、公共工事受注に特化をした経営事項審査 公共工事受注アドバイザーです。

行政書士小出事務所HOME>建設キャリアアップシステム(CCUS)とは

建設キャリアアップシステム(CCUS)とは

建設キャリアアップシステム(CCUS)の登録申請を代行します。

建設キャリアアップシステム(CCUS)とはご依頼の流れ事業者登録技能者登録

建設キャリアアップシステム(CCUS)とは

「建設キャリアアップシステム(Construction Career Up System,略称:CCUS)」とは、技能者の保有している資格や過去の就業実績等を登録・蓄積し、技能の公正な評価、工事の品質向上、現場管理の効率化などにつなげるシステムです。

建設キャリアアップシステムに登録した技能者には、ICカード(建設キャリアアップカード)が配布されます。そのICカードへ「いつ」「どの現場で」「どの職種で」「どの立場で(職長、監督など)」働いたかといった就業履歴を蓄積していきます。同時に、どのような資格を取得し、あるいは講習を受けたかといった技能、研鑽の記録も蓄積できます。

その結果、技能者は自分自身の資格や職歴を証明できるようになり、適正な評価が可能となります。また、事業者にとっても技能者の就業状況が容易に確認でき、現場の入場管理が効率化されることが期待されています。

建設キャリアアップシステム(CCUS)の概要

建設キャリアアップシステム(CCUS)と経営事項審査

経審の点数が上がります。

2020年4月の改正より、経営事項審査の審査基準の技術力(Z)の加点対象の範囲が拡大しました。
 レベル4の判定を受けた技能者・・・・3点加点
 レベル3の判定を受けた技能者・・・・2点加点

建設キャリアアップシステム(CCUS)の活用と今後

国土交通省の2020年10月時点の調べで、建設キャリアアップシステム(CCUS)を公共工事の企業評価にすでに活用又は活用を検討している都道府県は42都道府県になっています。

○加点評価する自治体の加点内容の一例

都道府県 評価方法
山梨県 総合評価落札方式で事業者登録及び技能者登録した企業に2点加点
福島県 総合評価方式の工事で、事業者登録し、その現場で運用する場合に加点
静岡県 2021・2022年度入札参加資格から事業者登録している企業に10点加点
宮城県・宮崎県 直轄工事と類似のモデル工事で現場運用の状況に応じて工事成績を加点

神奈川県、横浜市等でも今後評価を検討しています。
登録にはお時間を要しますので早めの登録をお勧め致します。

資料請求はこちらから

会社名

お名前(必須)

ご連絡先TEL(必須)

メールアドレス

ご住所



 

建設業許可 経営事項審査なら神奈川横浜実績No1の行政書士 小出事務所へ
小出事務所へのお問合わせ TEL:045-664-5835 Mail:koide@koide-office.com