建設業許可、新規建設業許可に関することなら神奈川横浜実績No1の行政書士小出事務所

建設業許可 経営事項審査なら神奈川横浜実績No1の行政書士 小出事務所|わたしたちは、公共工事受注に特化をした経営事項審査 公共工事受注アドバイザーです。

行政書士小出事務所HOME>取扱い業務一覧>建設業許可申請関連>特定 建設業許可に関して



 

新規建設業許可業種追加許可特定建設業許可許可換え決算変更届・各種変更

特定建設業許可に関して

最初の発注者から直接工事を請け負う者(元請)が、下請代金額が3、000万円以上(下請け契約が複数あるときはその総額)となる下請契約を締結して工事を施工する場合、特定 建設業許可が必要です。
 注)但し、建築一式工事の場合は、4,500万円以上です。

条件は、資本金が2000万円以上、自己資本4000万円以上、流動比率75%以上、欠損比率20%以下、技術者に関しては、基本的に1級の国家資格者等に限定されるなど財産的要件と人的要件が一般許可に比べて厳しくなります。

大規模な工事を受注される予定の方は、下請代金も高額になりますので特定建設業許可が必要になります。早目に財産的要件をクリアする対策をたてて決算をむかえなければなりません。また、要件に合った人材の確保等の対策をたてておくことも重要です。

 公共工事、又はゼネコンからの受注予定が間近に迫ってからの対応では間に合いません。そういう意味では大型工事受注に対しての経営的戦略を早目に立てておくことが肝要です。
 

 

新規建設業許可業種追加許可特定建設業許可許可換え決算変更届・各種変更

 

資料請求はこちらから

会社名

お名前(必須)

ご連絡先TEL(必須)

メールアドレス

ご住所



 

建設業許可特定許可、経営事項審査に関することなら神奈川横浜実績No1の行政書士小出事務所
小出事務所へのお問合わせ TEL:045-664-5835 Mail:koide@koide-office.com