建設業許可、経営事項審査、神奈川横浜実績No1の行政書士小出事務所

小出事務所

▲TOP
MENU 


シミュレーションの必要性 


  • 直近決算でのシミュレーションを行うことで、自社の経営状況を数値化し、現状を正確に把握することができる。
  • 自社の弱点を充分把握したうえで、総合的な対策を立てることができる。

経営事項審査には、シミュレーションは欠かせません。
 

小出事務所のシミュレーションの特徴


事務所では、経審対策として、早くからシミュレーション業務に重点を置き、選れたソフトを活用し、精緻なシミュレーションを実施しています。
また、保有する経審業者210社のデータに基づく統計によって、格付け予想は基より、様々な角度からのアドバイスをさせていただいております。
シミュレーション業務は、県内業者だけでなく、県外からも多数の依頼を受けています。
 

シミュレーションの内容


  • 経営状況分析に関するY点の算出シミュレーション
  • 経営事項審査に関する8通りのP点の算出シミュレーション
  • 上記に関する説明とアドバイス

経審の点数計算


詳細はパソコン版を参照ください → こちら


 

建設業許可 経営事項審査なら神奈川横浜実績No1の行政書士 小出事務所へ

 

建設業許可申請関連、経営事項審査
神奈川横浜実績No1 
行政書士 小出事務所

〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町73
山下ポートハイツ701
TEL:045-664-5835
FAX:045-664-6876