建設業許可、経営事項審査、神奈川横浜実績No1の行政書士小出事務所

小出事務所

▲TOP
MENU 


経審概論・経営事項審査


、地方公共団体などが発注する公共工事を受注したい建設業許可会社は予め受けておかなくてはなりません。経営事項審査を受審してから入札参加資格申請をすることになりますが、この経営事項審査はいわば会社の通信簿ともいうべきもので、総合評定値(P点=客観点)が業種毎に算出され、その数値が官庁毎のランク付けの基本的な点数になります。
 
共工事の各発注機関は、資格審査を行うにあたり、客観的事項の審査(客観点)と主観的事項の審査(主観点)を点数化し、順位付け、各付けに採用されることになります。

のうち客観的事項の審査に当たるものが経営事項審査です。度重なる改正が行われていますが、最近の改正の傾向はコンプライアンス重視という観点にあることが分かります。

事務所は、神奈川県隋一の建設コンサルタントファームとして、最も多くの経営事項審査会社の手続きをさせて頂いており(約210社)、多くのデータの蓄積・経験値から様々なアドバイス、サポートをし、また、改正・通達・通知等の情報獲得に関しては極めて迅速な対応をしております。経営審査点数シミュレーションは当然実施し、適確なアドバイスを通して中期的な経営戦略に役立てることが出来ます。
 
た、所長は、経営審査点数計算ソフト開発の先駆けであり、大手行政書士専用建設業手続きソフト販売会社の立ち上げ、及びそのソフト開発を主導的に行った経歴があり、現在でも当ソフト会社の第2株主です。

営事項審査点数計算の解析及び主観点の精査に関しては、弊事務所は多くのアドバンテージを持っているものとの矜持があります。
 

いつでも気楽にご連絡下さい。
行政書士小出事務所
電話 045-664-5835
アドレス koide@koide-office.com



 

建設業許可 経営事項審査なら神奈川横浜実績No1の行政書士 小出事務所へ

 

建設業許可申請関連、経営事項審査
神奈川横浜実績No1 
行政書士 小出事務所

〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町73
山下ポートハイツ701
TEL:045-664-5835
FAX:045-664-6876